日々野原や空で見つけたものを綴ります
心の野原や空で見つけた本や音楽、絵などのことも・・・
台風が過ぎて

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

昨日の雨と風は、今までに経験したことの無いような強さでした。

 

午前中、車で外出したのですが、時おり前が見えないほど。

そして午後、玄関と北にある部屋に、何と水が入ってきました。

マンションの厚いドアと、ピッタリと閉じているはずの窓からです。

こんなことは初めて。

 

 

けれども夕方には雨が上がり、美しい空が見られました。

 

 

七時ごろの北西の空。

 

 

 

南西の空。

 

 

 

 

 

見る間に空は色を失い、夕闇が支配していきます。

わずかに光を残して。

 

 

 

自然の脅威と美しさ。

謙虚な気持ちになりました。

 

 

 

 

| 14:45 | そら | - | - |
梅雨が明けて

 

JUGEMテーマ:写真日記
 

 

 

7月28日、関東地方も梅雨明けしました。

正確には「梅雨明けしたとみられる」という発表ですが。

 

梅雨が明けたら記事を書こうと思っていたので、前回からずい分日が経ってしまいました(^^;

28日当日は曇りがちで、本当に梅雨明け ? という感じでしたが、翌日からビカーンと晴れて、夏休みの空に !

 

木々の緑はいよいよ深く、真っ青な空に真っ白な雲。

暑いなあ・・・でも、気持ちいい(^0^)

 

 

夕方には薄い雲が縞状に。

奥多摩の山は雲に覆われて見えませんでしたが、スクリーンのように広がった光線がきれいでした。

 

夜空も澄んで、久しぶりに星を見た感じ☆

南の空に見慣れない星座 ?

小さな二等辺三角形で、その中の二つは赤い。

特に西よりの星は大きくて・・・

 

いつもの星の本を取り出して、調べてみても該当する星座がありません。

はて ? ?

家族に声をかけ、スマホで調べてもらいました。

結果、一つは土星、最も明るく見えるのは火星と判明。

小さいほうの赤い星は、さそり座のアンタレス☆

星座ではなかったのです。

どおりで星座表に無かったんだ・・・

天文ファンなら、とっくにご存知のことかと思いますが、とても嬉しい出来事でした。

一件落着して、ぐっすり眠れました(u_u)〜zzz

 

なお、この火星の位置は、だんだん移動していくそうで、この夏は夜空を見上げるのも楽しみになりました。

 

 

興味のある方は、名古屋市科学館のHPが分かりやすいと思いますので、ぜひご覧くださいね☆

火星と土星とアンタレスの「夏の小三角」 - 名

 

 

 

野原も夏の装いに ♪

 

 

 

 

 

| 15:05 | そら | - | - |
空を見上げて

JUGEMテーマ:自然風景

 

 

 

一日に何度も見上げる空。

季節によって、場所によって、天気によって、時間によって・・・

一つとして同じ空は無いので飽きることがありません。

 

白い夾竹桃で飾られた空は軽やかでした ♪

 

 

 

 

昨日は今年初の猛暑日。

雲さえ、とろーんと溶けているようでした。

 

その夕暮れ時には、久しぶりのオレンジ色の空。

この春から夏にかけては夕焼けが少ないようです。

虹も日暈も見なかったような。

 

 

 

 

 

 

 

見上げた空に風見鶏があると嬉しい(^-^)

私の行動範囲に数個あります。

最近、もう一つ発見しました。

意外にあるんです、風見鶏☆

 

 

誰かに見つめられている気がしたら・・・

 

 

 

ふふふ・・・空さんがメガネをかけている ? ! (p_q)

 

 

 

 

 

 

 

| 15:25 | そら | - | - |
冬の空から
JUGEMテーマ:空の写真
 
  

いつでも空が気にかかって・・・
ふとした折に目が行っています。

一瞬たりとも同じ表情ではないから、見飽きることはありません。
空って、確かにそこにあるのだけど・・・
手に取ることは出来るはずも無く、ただ憧れるしかありません。

この1ケ月くらいの間に出会った空。
冒頭の写真は1月初めの、夕焼けではなく朝焼け。


  

こちらは夕空。
ベランダから見える富士山は薄紫色。
雲も淡い色の夕焼けでした。

  

こちらは富士山より南に見える大山。
やはり薄紫に染まって。
この冬は、こんな感じの夕空が多かったように思います。

  

こんなドラマチックな夕方の空も何回かありました。

  

空一面が金色に染まった日。
遠い山なのに、木立ちの一本一本が見えました。

  

時には、とろりとした柔らかな雲の列も。
雲のふちは、ほんのりと虹色に。

  

冬らしい抜けるような青空の日は、意外に少なかったような・・・
この日も、春のように、やわらかな水色の空でした。





 
| 15:45 | そら | - | - |
1年経って
 
              空.JPG

昨日は母の一周忌。

命日には少し早いのですが、都心にあるお寺で法要がありました。
去年の今頃のことを思い出すと切なくなりますが、ご住職のお言葉には本当に慰められました。

母は亡くなる少し前に、こんな夢をよく見ると言っていました。
それは、オーケストラのようにたくさんの人が楽器を持って演奏している。
その音が大変賑やかでうるさい程だという夢☆

その時は、ただ不思議な夢だなあと思っていましたが、その後、テレビでジブリの『かぐや姫の物語』を見たときのこと。
姫が月に帰る場面で、迎えに来た天人たちが大層賑やかな音楽を奏でるのです。
それを見たとき、涙が止まらなくなりました。
もしかすると、母には天人たちの音楽が聞こえたのかもしれないと・・・
全ての人は、かぐや姫のように、空に帰っていくのではないかと・・・

そして、やはり「帰っていく」のであって、無になってしまうのではないのかもしれないと。




     不思議な雲.JPG


いつか見た不思議な形の雲☆
いったい何に見えるでしょうか・・・




 
| 16:00 | そら | - | - |
初冬の空
JUGEMテーマ:自然

雨の予報は出ていましたが、午前中、まさかの雪☆
ここ青梅では初雪かと思います。

空の写真が少したまりましたので、アップします ♪

004.JPG

日没の位置が、かなり南に寄ってきました。
富士山の少し右まで近づいています。

 002.JPG

こちらは朝の空。
日の出の位置も、かなり南に。
細かい鱗雲を透かして、金色の光が☆

 
 001.JPG

この秋から冬にかけては、天気の変わりやすい日が続きました。
妖しい空模様の夕方。
この雲は雨を降らすことなく、通り過ぎていきましたが。


 039.JPG

また、ある日の夕方も、西から雲が漂ってきました。
夕暮れ時の富士山は薄い紫色。冬が来たしるしです。


 010.JPG


 015.JPG

河原の植物は、すっかり枯れて、銀色とも金色ともつかない微妙な色で輝いています。
その上には寒そうな、でも、どこか優しいような水色の空が広がって。

 024.JPG

川面には、空より深みを増した空が広がっています。


    001.JPG

時折、ポンと浮かんでいる小さな雲。
何だかユーモラスで、思わず微笑んでしまいます(^-^)


昼下がりの影が本当に長い・・・
あと1週間で冬至ですね。

      019.JPG

| 13:40 | そら | comments(4) | trackbacks(0) |
夕立の後
JUGEMテーマ:写真日記

   018.JPG

昨日は久しぶりに夕立がありました。
3時半頃ベランダに出てみると、西から灰色の雲がどんどん広がって・・・
ザーッと降ってきました。
同時に涼しい風も ♪

4時を過ぎると、不思議な雲が広がっていました。
まるで空に灰色の風船を並べたような雲。

021.JPG

6時を過ぎると、その雲もいつの間にか消えていて、青空に。
ちぎった様な白い雲が輝いています。

003.JPG

地面も乾いて、何事も無かったよう。

   005.JPG

7時頃、いつもの夕空です。
でも、北の空は・・・

027.JPG

やさしい色に染まって。
もう少しで「ライラックタイム」でした〜 ♪


| 15:37 | そら | comments(6) | trackbacks(0) |
空は どこまでも
JUGEMテーマ:自然風景
 
  空.jpg

2月の半ばから3月の初めにかけて、大雪、住んでいるマンション全体の大規模修理、愛車の故障、娘の職場の異動など様々なことがありました。
ただでさえ短い2月があっという間に終わり、3月も年度末で何かと慌しく・・・
こんな時は、散歩して気分転換するのが何よりですが、大雪の影響はかなり残っていて、それも難しい日々でした。

  空.jpg

そのような少し落ち着かない気分を、安らかにしてくれたのは空を見上げることでした。
ベランダに出れば、いつでもそこに広々とした空が ♪

白い雲が湧き立つような空。
何本も細い細い雲がたなびく空。
時には雨雲が刻一刻と移動して、明日の晴天を約束しているような空も。

  ベランダから.jpg

  カラス.jpg

夕方、カラスが横切っていくのを眺めるのは、毎日でも飽きません(^-^)
彼らは、なかなか規則正しい生活を送っているようです (笑

ある日、ふと見上げたら、こんな雲が見えました。
ふわふわの雲が、天からぶら下がっているみたい☆
細い雲は飛行機雲ですが、なぜ途中で消えているのでしょう ?

      空.jpg

小さな小さな雲が一人で泳いでいくこともありました。
何でもないのだけど・・・可愛らしく思えました。

    小さな雲.jpg


空はどこまでも、どこまでもつながっている・・・
空を見ていると、心も、遠いところまで広がってゆくようです。


| 17:05 | そら | comments(8) | trackbacks(0) |
錆色の星
JUGEMテーマ:自然風景

 残照.JPG

ある日の夕方
細く光る雲の縁が、英語の詩のように見えました

  川原.JPG

この季節の河原は
枯れ果てて 他の星に降り立ったよう

  センダングサ.JPG

澄んだ青い空には
錆色の星
 
           空.JPG

久しぶりに雨が降って
砂地もほっとしているようでした(^-^)


| 08:30 | そら | - | - |
シマシマ & サンマ
JUGEMテーマ:自然風景
 
         しましまの空.JPG

お洒落な配色
シマシマの空

さんま雲.JPG

サンマの季節は過ぎたけれど・・・
長〜〜い雲でした(^0^)


| 16:40 | そら | - | - |
<< | 2/15PAGES | >>