日々野原や空で見つけたものを綴ります
心の野原や空で見つけた本や音楽、絵などのことも・・・
夏のベランダ便り

       

9月に入っても暑い日が続いています。
少し前まで、涼しくなるといいなぁ〜と思っていましたが、もう諦めて
「ヨシ、負けないゾ !」と覚悟を決めた私です(笑
ベランダの緑のカーテンはこんなに茂りました。
ゴーヤ君も暑さに負けず、頑張っています☆ 

       

空は朝からピカピカに晴れて・・・
おや、この妙な形の、空に手を伸ばしているのは?

          

少し前、フーセンカズラのお隣に芽を出し、やがてスクスク育って、花を咲かせたこの子・・・
いったい誰 ? と思っていたら、先日、長女がポツリと言いました。
「メロンの種を適当に蒔いたかも・・・」
ずい分前のことで、はっきり覚えてはいないとのこと。
数日後、雌花の落ちた後が膨らんできました。

       

やっぱり、メロンかも ?!
食べられるようなものは出来ないかもしれないけれど、しばらく楽しみが続きます♪

    

ワタのお花もそろそろ終了。
最後に記念写真を撮りました。
暑い夏の間ずっと、涼やかな風を運んでくれて、ありがとう。
実もたくさん出来ています。

       

プクッとしたワタの実。押してみると、少し弾力を感じます。
中には真っ白なふわふわの綿が詰まっているのでしょう・・・

そして、少し前から、ベランダには4匹のアゲハの幼虫がいます。
初めて見つけた時は、小さな黒い幼虫でしたが、何回かの脱皮の後、黄緑色に。
( 虫が苦手でない方はクリックしてみてくださいね )

発見する前に、クロアゲハが飛んでいるのを見かけていたので、もしかすると・・・と思いましたが、幼虫の模様から普通のアゲハだとわかりました。
葉っぱがね〜、足りるといいのだけど・・・
4匹の旺盛な食欲が、少〜し心配。
| 14:01 | ベランダ | comments(22) | trackbacks(0) |
綿の花
JUGEMテーマ:花のある暮らし

ベランダで育てている綿の花が咲きました。幾つか蕾がありますが、この子が第1号です。
綿って、あの天然繊維のコットンのことです。
その歴史は古く、紀元前2500年頃から、古代インダス地方で繊維作物として栽培されていたそうです。
以前にも少しだけ栽培したことがありましたが、今年は発芽が順調で4鉢になりました。
蕾の様子は「日々、旅♪」(http://yuhibari-2.jugem.jp/) 7月31日の記事をご覧ください。

             

アオイ科の植物。同じ科のハイビスカスなどに似ていますが、より清楚な感じです。
一日元気に開花すると、夕方には閉じて・・・

          

翌日の朝には、こんな色に染まっています。
そして、この形と、可愛らしい色のままもう一日過ごします。
きれいな色といえば・・・
  
        

8月1日の夕方、空が美しい色に染まりました。
1年に何回かしか出会えない微妙な色の空・・・我が家ではこの夕空のひとときを『ライラック・タイム』と呼んでいます。

8月も素敵な空と花に会えますように♪
| 16:00 | ベランダ | comments(20) | trackbacks(0) |
ビタミン・カラー
JUGEMテーマ:植物

我が家のベランダにゴーヤの苗が来てから、約2ヵ月が経ちました。
物干し竿を利用してネットを張り、作り始めた緑のカーテン、ほぼ完成しました !
毎朝よい香りの小さな黄色の花を幾つも咲かせます。
その花を求めてミツバチが5時半頃にご出勤。
せっせと蜜を集めて帰って行きますが、初めの頃1匹だったのが、最近は仲間を連れてくるのか2匹いることも・・・

      

これはゴーヤ第1号。今のところ、大小合わせて8個の実が生っています。
手前に見えるのはアロエのお花。
花が咲くことは知らずに育て始めたので、何年か前に初めて咲いた時はビックリ !
それまで見たことも無い形の花だったので。

    

近くで見ると、こんな形。筒型の一つ一つの花の角度は日毎に変化し、見ていて飽きません。
面白い形のものといえば・・・
これは我が家のベランダではありませんが、こんなカボチャを見かけました。

      

可愛い色や形の「おもちゃカボチャ」は見たことがありますが、これは初めて。
直径15cmくらいです。成長の程度により大小幾つかありましたが、どれもこの形でした。
バナナマンの日村さんを思い出したのは私だけでしょうか・・・
| 16:52 | ベランダ | comments(22) | trackbacks(0) |
5月のベランダ便り
JUGEMテーマ:植物

            
           100510_1656~001.jpg

先週は暑い日が続きましたが、このところ、やや涼しい日が続いています。
初夏になったかなと思っていましたが・・・
毎年、夜にジージーとオケラの声が聞こえるようになった頃から、春の中に夏が少しずつ混ざってくるのかなと感じています。
今年は5月5日に、今年初めて、その鳴き声を聞きました。

ベランダの花々も移り変わっています。
たくさん咲いていたフリージアも終わり、よい香りの姫ライラックも、カロライナ・ジャスミンも散り始めました。
バトンタッチをするかのように咲き始めたのがゼラニウム。
何種類かあります。冒頭のはパイナップル・ゼラニウム。
パイナップルの香り・・・あまりしないのだけど(笑

100505_1634~001_001.jpg香りといえば、バナナのような甘い匂いがするカラタネオガタマ(変わった名前 ! )も咲き始めました。これは確かに、ほんのりとではあるけれど、それらしい香りです。
お花の感じはタイサンボクやホウノキに似ているような・・・
ただし大きさは、大げさに言えば100分の1くらいです。

100510_1543~001_001.jpg種から育てたビワ、何本かありますが、私の背を超えたものは豊作です♪
といっても、お店で売られているものに比べると小さめ。
でも、お味はなかなかいいです。
リンゴなら紅玉のような、酸味のある野生の味でしょうか。
今年はヒヨドリの襲撃も無く、無事育ちました。

100509_1437~001_001.jpg日曜日、青梅市の「みどりのカーテンモニター」に当選したので、ゴーヤの育成セットを取りに行きました。
JAかすみ直売センターの駐車場で配布、栽培の説明もあるとのこと。
育成用ポット、培養土3袋、鉢底土、ガーデニングネット、ゴーヤ苗を頂きました。
会場用に着き、育成用ポットを見てビックリ !

すご〜く大きいのです。他の方も驚きを隠せない様子(笑
土は16リットルが合わせて4袋。この日は夫が仕事で不在でした。
母の日だったので「手伝うよ !」と長女が付いて来てくれたからよかったものの、1人だったら途方にくれていたことでしょう・・・
ポットはあまりに大きくて、車の後ろに積めず、助手席に。
小さな車に大きな黒いものが乗っている・・・帰り道、対向車の人がケゲンそうに見ていたような。
何だか『ミスター・ビーン』のひとコマみたいでした(笑

100510_1104~001_001.jpgマンション内の駐車場から上まで運ぶのにまた一苦労。
私は2往復、長女は3往復して、やっと我が家にたどり着きました。
ふ〜〜、重かった〜。
去年は普通サイズのプランターに何本も育てていたけれど、今年はご指導にしたがって、大きなポットに1本です。
たった1本から、一戸建てなら2階までの緑のカーテンが作れるのだそうです。すごいですねぇ〜 !
我が家はベランダでの栽培となるので、小さめのカーテンとなりますが、果たして上手く育つでしょうか・・・
ちなみに品種は島珊瑚というそうなので、名前はサンゴちゃんにしました♪
| 16:51 | ベランダ | comments(19) | trackbacks(0) |
小さなラヤ君

JUGEMテーマ:植物

早春の頃、ヒマラヤスギの近くで拾ってきた種。
試しに植木鉢に蒔いておいたら、3月17日に根が出て、横になっていた種が立ち上がってきました。
その後、いったいどうなるの?と、毎日観察していましたが・・・

100322_1142~001_001.jpg100325_1426~001_002.jpg100326_0945~001_001.jpg

先ず、種の殻を押し上げるように、緑の細い葉っぱが見え始めました。
もうこの時点で、はっきりと針葉樹の葉の形です。
この殻の帽子はすぐ取れそうに見えましたが、なかなか外れません。

葉っぱが撓んで(たわむってこういう字なんですね)帽子を押し上げていきます。が、なかなか取れません。
試しにちょっと引っ張ってみても、取れないんですね、これが・・・

2、3日かかって少しずつ上がっていき、ついに外れました。
ヒマラヤスギ、誕生 !
ラヤと名付けました。ヒマラヤスギのイメージは男の子かな? 
で、ラヤ君です。

100402_0858~001_001.jpg初めは風になびいているような形の葉っぱでしたが、しばらくして2番めの小さな葉が伸びてくると、先が丸まって・・・まるで小さな葉っぱたちを守っているかのようです。
緑の小鳥を入れた小さなかごみたい♪
いつも手元で観察したくて、リビングに置いてありましたが、もともと室内で育つ植物ではないので、ベランダへ。

100415_1523~001_001.jpgスミレのお姉さんたちに囲まれたラヤ君は少し恥ずかしそう。
あの背の高いヒマラヤスギたちにも、もちろんこんな幼い日々があったはず。
今はこんなに小さいけれど、やがては・・・
今、天山さんの『ヒマラヤ杉のてっぺんで』という曲を聴きながらこれを書いています。
私の心の中には、小さなラヤ君が、するすると空の近くまで伸びていく姿が見えてきました♪


| 16:08 | ベランダ | comments(19) | trackbacks(0) |
ベランダの花たち
JUGEMテーマ:花のある暮らし

               100307_1123~001.jpg

ベランダに咲いている花で小さなブーケを作ってみました。
ムスカリ、ラベンダー、ニオイスミレ・・・薄紫色の3種類。 
写真はちょうど実物大です。
フフフ・・・我が家のムスカリはちょっとファニーフェイスかな。
花と花の間が狭く、ぎっしりと咲いているようです。

100307_1123~002.jpgこれは何のお花かというと・・・
何とフリージアなのです。
普通は黄色で、ベランダで育てているものの殆んどもそうですが、赤や紫、ピンク、白もあります。
やはり、一番香り高いのは黄色いフリージアのようです。
ピンクのものは、やや甘く感じますが、色彩のせいかもしれません。

100308_0744~001_001.jpgひよこ色のスイセンも次から次へと花を咲かせています。
恥ずかしがりやで、いつも下を向いています。
早く暖かな春が来ないかな〜
お日さまの光を浴びたら、少しは顔を上げてくれるでしょうか・・・
このスイセンもムスカリも、去年花の終った後、放りっぱなしにしておきました。
元気に今年も咲いてくれましたが、少し密度が高すぎるようです。

今年は球根を掘り上げて、ちゃんと植えなおしてあげましょうね♪

| 10:48 | ベランダ | comments(18) | trackbacks(0) |
フリージア
JUGEMテーマ:花のある暮らし

         100220_1643~001.jpg

暖かな陽射しを浴びて、ベランダのフリージアが咲き始めました。
卵の黄身のようなあたたかい黄色の花。ほんのりと漂う香り。

100223_0957~001_001.jpgいつの間にか葉っぱの間から花芽が上がってきています。フリージアの花の赤ちゃんたち。
この一つ一つが膨らんでいき、やがて色づき、小さな花の蕾になります。
花屋さんで切花のフリージアを買っていた頃には知らなかったこと。
育ててみて初めて分かることが何とたくさんあることでしょう。

100223_0954~001_001.jpg先日は雪の中に埋もれていたスイセン。
少しずつ蕾を開き始めていましたが、今日は満開になりました。
他の蕾もちらほらと覗き始めています。
スイセンのどこか青味がかった黄色が好き。

100223_0954~002_001.jpgチューリップたちも、やっと全員顔を出しました。
葉っぱに紫がかったスジが入っているようです。この模様はやがて消えるのか、そのままなのか・・・葉っぱの成長も楽しみです。
ヨハンストラウス、どんなお花かなぁ・・・球根の袋に写真は付いていたけれど、やはり実物を見なくては。

帰り道、市営プールの横に、たくさんの菜の花を見かけました。
民家のお庭には、錦糸卵のようなマンサクの花も。
タンポポも二つ、三つと。
真冬に見かけたものよりも、少し背が伸びていました。

黄色のお花が増えてくると、いよいよ春はすぐそこに♪


| 17:08 | ベランダ | comments(14) | trackbacks(1) |
春の兆し
JUGEMテーマ:花のある暮らし

100212_1108~001_001.jpg昨夜の雨が上がったかと思っていたら、またチラチラと雪が舞い始めました。
積もることは無さそうですが、寒い一日です。
ベランダの鉢も湿っていて、昨日、今日と水遣りの必要がありませんが、一つ一つの鉢を見てまわります。
イチゴの花が咲いていました !
秋に無人売店で苗を購入してきたもの。

100212_1107~001_001.jpgスイセンの蕾も少しだけ膨らみ始めています。
これは去年、花が終わった後、そのままにしておいたもの。
放りっぱなしにしておいて大丈夫とアドバイスをいただき、その通りにして待っていました。
一度はカタバミに埋め尽くされていましたが、晩秋には新しい芽が。
そして、ちゃんと花も・・・♪

100126_1414~001_001.jpg淡い薄紫色のニオイスミレも真っ盛り。
一重で濃い紫色のもきれいですが、八重咲きのこの子はとても可愛らしい。
茎ごと切って水に挿しておくと、いつの間にか根が出ていることもあります。
可憐な姿なのに生命力はとても強い。

100212_1204~001_001.jpgこちらはローズマリー。
青紫の花が一般的ですが、このようなピンクに近い明るい紫色のもあります。
ごく小さい花ですが、見れば見るほど複雑な形。
香りは青紫色のものと殆んど同じですが、こころなしか優しいような気もします。

100208_1425~003_001.jpgこれは我が家のベランダではありませんが、先日散歩中に見つけました。
何と、もう、馬酔木の花が !
まだ、所々に先日の雪が残っている中に、鈴なりに咲いていました。
そこだけが、もう春のよう♪
アセビ(アシビ)は昔から日本にあり、和歌などにも詠まれている花ですが、英名は「ジャパニーズ・アンドロメダ」というそうです。
アンドロメダ ! アンドロメダ銀河?それとも、ギリシア神話に出てくる美しい女性?
いずれにしても、英名を数年前に知って以来、この花が、よりキラキラ輝いて見えるようになりました。
 
| 16:03 | ベランダ | comments(16) | trackbacks(0) |
冬のベランダから

今日のベランダは久しぶりにポカポカ♪
雑草を抜いたり、肥料を施したり、枯葉を取り除いたり・・・作業をしていると背中にお日さまの光を感じます。
今、咲いているのは小さな花ばかり。

091222_1002~001_001.jpg100105_1440~001_001.jpg100117_1401~001_001.jpg

向かって左から、ヒメミゾソバ、カレンデュラ、ローズマリー。
ヒメミゾソバは秋からずっと咲き続けています。金平糖のような愛らしさ。
小さな太陽のようなカレンデュラ。夕方になるとオヤスミナサ〜イと花びらを閉じて眠ります。
輝くような黄色を見ると元気が出ます。
しばらくお休みしていたローズマリーも咲き始めました。

100105_1441~002_001.jpgこれは10月に種を蒔いてみたリンゴです。
品種は「秋映」 
いかにも丸々とした立派な種だったので試しに埋めておきました。
まさか、こんなに早く芽が出てくるなんて !
この先、うまく育ちますように・・・
もう一種類、シナノスイートも蒔いてみたのですが、こちらはまだ沈黙しています。

100117_1049~001_001.jpgこれは何かというと、スイセンでもムスカリでもなくてニンニク。
キッチンで少し芽が出たのがあったので、例によって(?!)植木鉢に植えてみました。
今のところ、スクスク育っているようですが、どうなることでしょう・・・
収穫は期待していません。
ただただ、お花を見てみたい・・・

100117_1033~001_001.jpgブラックベリーを放っておいたら、何と3m以上伸びていました。1mくらいに剪定。
柔らかいので、クルクル巻いて麻紐で固定し輪にします。
ベランダのラベンダー、ゼラニウム、ローズマリーの花と、やはり剪定したバラの葉などを飾ります。
素朴でささやかなリースのできあがり♪


 
| 14:51 | ベランダ | comments(16) | trackbacks(0) |
野菜をリサイクル ?
JUGEMテーマ:自然

091031_0843~001_001.jpg小さな小さな緑の芽が出てきました。
軸のような部分は鮮やかなピンク色。
これは一体何かというと『ゴボウ』なのです。
カゴに無造作に入れてあった泥付きのゴボウ。
先日、煮物に使おうと手にとってみると、一番下の部分に小さな芽のようなものがありました。1cm位に切って、鉢に埋めておいたら、こんなふうに・・・ 

091109_1007~001_001.jpg2、3日経つと更に葉っぱが増えました。
そういえば、ゴボウは食べる部分以外を見たことがありませんでした。
ニンジンや大根の葉っぱはよく知っていますが。
これを育てて、もう1回ゴボウを採ろうなどという気は全くありませんが、花を見ることが出来たらいいな・・・

091114_1131~001_001.jpgゴボウの花を調べてみたらアザミの花に似ています。でも夏に咲くらしい・・・これから冬に向かっているので花を咲かせるのは無理かもしれませんね。
左は今日の様子です。
お花は無理としても、葉っぱは食べられるそうなので(やはり食べようとしている 笑)もう少し様子を見てみます。

| 13:11 | ベランダ | comments(16) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |