日々野原や空で見つけたものを綴ります
心の野原や空で見つけた本や音楽、絵などのことも・・・
空のアルバム ( 春から初夏 )

JUGEMテーマ:自然風景

 

 

春のやさしい夕空。

冬が次第に遠ざかっていった3月のある日。

 

 

 

桜が咲き始めた4月。

梢は次第にざわめきを増して。

長く楽しめた今年の桜。

 

 

 

4月の終わり、ライラックの向こうに広がる青空。

今年のGWは天気に恵まれました(^^

 

 

 

ライラック色の夕暮れ時。

雨上がりのことが多いような。

この素敵なひと時を、我が家では「ライラック・タイム」と呼んでいます。

 

 

 

大きなハリエンジュを見上げて。

5月初旬、花は、あっという間に咲き、あっという間に散っていきました。

あの素敵な香りを、もっと楽しみたかった・・・。

 

 

 

5月中旬、ベランダからの眺め。

日没は、だいぶ遅くなりました。

位置も、かなり北寄りに。

 

 

 

ついこの間、夏のような雲も出現。

 

夏至まで、あと1ケ月。

夏の空に会えるのが楽しみ ♪

 

 

 

 

 

| 16:45 | そら | - | - |
青と緑の世界

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

お天気に恵まれた連休。

我が家は、例年通り近場でゆったり(^^

車で20〜40分程度で行ける、いくつの公園へ。

 

その中で、特に印象的だったのは・・・

埼玉県営 彩の森入間公園 - 西武造園

久しぶりでしたが、あらためて素敵な公園だと思いました。

 

大きな池もあり、どことなく外国のような雰囲気。

色とりどりのチューリップのほかは、青と緑の世界でした。

 

 

 

 

青空に映えるポプラ並木。

 

 

 

 

大きな池の中には、もう一つの青と緑。

静かな水面を見ていると、心が広がっていくような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

日向ぼっこをしているカメさんたち。

幸せそう・・・(^-^)

 

 

 

 

園内には様々な花がありましたが、珍しかったのは、木に咲いていたふわふわの花。

アオダモでしょうか・・・?

 

 

 

小さな池の方には、スイレンの葉がたくさん浮いていました。

花が咲く頃、また訪れたい・・・

 

その頃には、いっそう深い青と緑の世界になっていることでしょう ♪

 

 

 

 

 

 

| 15:23 | おでかけ・散歩 | - | - |
のんびり多摩川

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

羽村のチューリツプ祭りが終わったので、多摩川へ寄ってみました。

お祭りの間は駐車場が満杯で、人がいっぱい。

今は静けさを取り戻し、のんびりと歩くことが出来ます(^-^)

 

釣り人が、ほぼ等間隔で何人も並んでいます。

静かな川面は鏡のよう。

 

陽射しも、やわらかくて、ほんと、の〜んびり ♪

 

 

 

 

 

川原にはカワラニガナが。

多摩川に多いので、タマガワエンシスという学名だそうです。

葉っぱが細く、レモンイエローが可愛らしいお花。

 

 

 

 

今年もアカメガシワの若葉が出始めていました。

遠くから見ると、まるで花が咲いているよう。

 

 

 

 

 

川沿いの阿蘇神社の入り口で、小さな花を見つけました。

たぶん、モチノキ。

黄緑がかった白い花は爽やか。

 

短いお散歩だけど、すっかり、リフレッシュ (^-^)〜♪

 

 

 

 

 

 

 

| 16:15 | おでかけ・散歩 | - | - |
春のムーミン谷

JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

 

 

 

久しぶりに、埼玉県飯能市にある 「ムーミン公園」( 正式名称は「あけぼの子どもの森公園」) へ ♪

春のムーミン谷へ行くのは、今回が初めて。

たいがい新緑の頃か、アケボノスギの紅葉が美しい晩秋でした。

 

 

スナフキンが釣りをしていそうな池にはお魚の姿が。

光をキラキラとこぼしながら、ゆっくりと泳いでいました。

 

 

 

 

自然豊かな園内では、様々な春の草花を見ることが出来ました。

スミレやムラサキケマン、このモミジイチゴなど。

 

 

 

 

ムーミンに関する資料館「森の家」の前では、桜が満開☆

 

 

 

 

管理棟の横ではシロバナタンポポが大切に栽培されています。

 

 

 

シロバナタンポポを見ると、いつも幸せな気持ちになる私(^-^)

 

 

 

 

 

 

| 15:24 | おでかけ・散歩 | - | - |
春の装い

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

冬の間、寒そうに細い枝だけを揺らしていたシダレヤナギ。

芽吹いたかしらと会いに行くと・・・

 

ふわふわした黄緑色のショールを纏っていました。

やさしい水の色、山の色、空の色。

あたりは、すっかり春の装い。

 

 

川原には、もう一種類、柳の仲間がいます。

こちらも少しずつ春の衣装に衣替え。

 

 

ふわふわの小さな花と新芽で飾られています。

 

 

 

 

つやつやしたブローチを見つけました☆

メマツヨイグサでしょうか・・・?

鳥の羽根飾りも。

これは枯れたエノコログサ。

 

 

 

 

川の水は澄んでいますが、やはり何となくやわらかそう ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

| 13:28 | のはら・そら | - | - |
| 1/152PAGES | >>