日々野原や空で見つけたものを綴ります
心の野原や空で見つけた本や音楽、絵などのことも・・・
野原のアルバム ( 秋の実を集めて )

JUGEMテーマ:自然

 

 

この秋は様々な実が豊作でした。

去年に比べ、はるかに多く目にしたように感じています。

 

まず見つけたのがコバノガマズミ。

艶のある小さな丸い実が、とっても可愛い。

葉っぱは、まだ殆んど緑でした。

 

 

 

 

大きなボケの実。

まるで青林檎のよう。

例年より丸々と(^0^)

 

 

 

 

これはおなじみ、コブシの実。

地面にもたくさん落ちていました。

 

 

 

 

珍しいオオバンソウの実。

金魚すくいの網を二つ合わせたような中に、数個の種が入っています。

後日見に行くと、破れて中の実が無くなっているのもありました。

大きさは直径2cm〜3cmくらい。

 

 

 

 

クコの実。

これは、やや小さいもの。

他の場所では、もっとたわわに実っているのも。

 

 

 

 

ヤブミョウガの実。

白、明るい青、深い青と三段階の実がありました。

薄暗い林の中で、まるで花火のように輝いていました☆

 

続きは、また後日・・・♪

 

 

 

 

 

 

| 15:25 | のはら | - | - |
空のアルバム ( 秋本番 )

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

ハナミズキの実が赤くなりました。

その向こうに広がっているのは秋本番の青空☆

 

 

 

10月上旬は、薄水色の空に、ほわほわした雲が浮かぶ日もありましたが・・・

 

次第に、くっきりとした青空の日が多くなりました。

 

 

大きな大きな雲 !

 

 

 

千切れ雲も、シャープな感じ☆

 

 

 

すじ雲もたくさん見られるように(^^

 

 

 

スイレンの花は姿を消し、池の中の空が広くなりました。

 

 

 

サンザシの実も熟し、朝夕は冷たい風も吹くように・・・

明日から、もう11月。

 

 

 

 

 

 

| 15:52 | そら | - | - |
野原のアルバム ( キノコの季節へ その2 )

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

前回の「野原のアルバム」でキノコをアップしてから一ヶ月が経ちました。

今年は、どこへ行ってもキノコが豊作で、あらたに幾つか見つけました。

 

冒頭の白いキノコは、とても小さくて。

近くに落ちているドングリの帽子と比較すれば、そのサイズが分かると思います。

この先、大きくなるのかしら・・・?

 

 

同じく白いキノコですが、こちらは笠がロート状。

雨が降ったら、溜まってしまいそう。

 

 

 

これも真っ白☆

土の斜面から生えていました。

 

 

 

 

これだけは名前の分かるタマゴタケ。

卵の殻が、ちゃんとあります。

ビツクリするほど鮮やかな赤。

何と食べられるそうですが、もちろんパス。

私にとって、キノコはあくまで鑑賞するもの。

 

 

 

 

 

赤いキノコがあれば、黄色、いえ、これは金色に近いキノコでした。

先日亡くなられた元横綱の輪島さんが、こんな色のまわしを締めていらっしゃったことを思い出しました。

( ご冥福をお祈りします )

 

 

 

 

細い軸のキノコもありました。

これが、ちょうど実物大くらい。

色々と調べてみましたが、決定打が無く・・・

難しいです、キノコ・・・(^^;

 

 

 

 

かと思うと、こんなキノコも。

半球状で大きく、存在感があります。

 

 

大きくなりすぎて裂けたのも。

これは20cmくらいありました !

 

 

 

 

 

一年中見られるカワラタケですが、やはり秋はイキイキしている気がします。

緑色、オレンジ色、茶色と様々な色のものが。

縁に白いレースを編みこんだチャコールグレーはシックです(^^

 

 

 

ここ数年見かけていないアミガサタケ・・・

どこかで会えるのを楽しみに、秋の散策を続けます ♪

 

 

 

 

 

| 16:21 | のはら | - | - |
空のアルバム ( 初秋へ )

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

ある日の朝、ベランダからの眺め。

空が高く、また、広く感じられるようになりました。

 

 

 

このひと月、まだ夏のような日もありましたが、意外にも残暑は厳しくなかったような気がします。

終わってみれば、この夏もエアコンのお世話にならず過ごすことができました。

 

厳寒の冬のある日・・・

「やはり夏の方がいいよね」

「でも、夏になったら、きっと冬の方がいい、って言うよ」

なんて家族で話していましたが、猛暑の日々にも

「どんなに暑くても、やはり夏がいい」

と、口々に。

 

 

 

だから、夏が終わってしまうのは、少し淋しい。

夏の花々ともお別れです。

 

とは言っても、涼しい風が吹いてくると、スッキリとした気分になり、もうそれだけで幸せに ♪

 

空は深みを増し、葉っぱの色にも秋の気配。

 

 

結局、どの季節にも、それぞれに美しさがあって、それを見つける心さえあれば楽しい毎日になるのでしょう(^^

 

 

 

雨の多いひと月でした。

 

 

雲のカーテンの向こうには、よく金色の空が見えました。

 

 

 

 

ある日の夕空には、金の鎖のような美しい雲が☆

 

 

こんな色の雲も空も、初めて。

 

 

 

 

今日から10月。

いよいよ秋本番。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 15:48 | そら | - | - |
野原のアルバム ( キノコの季節へ )

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

今年は梅雨が短かったためか、初夏から夏のキノコは殆んどありませんでした。

が、9月に入ってからは様々な場所で、その姿を見かけるようになりました。

公園で、林で、草はらで。

 

小さなツノマタタケは竹の手すりに。

炒り卵みたいだと、いつも思います(^^

 

 

雑木林の常連さんは、この薄いピンクのキノコ。

 

 

 

別の場所で見かけたこのキノコは、成長した姿でしょうか・・・?

それとも別のもの ?

 

 

 

もう何年もキノコたちに出会っているのに、何のキノコかはっきりしません。

調べれば調べるほど分からなくなるので、最近は諦めの境地に(^^;

 

 

 

 

アカマツの林で、こんなキノコを発見☆

ピッカピカに光っています。

卵から出てきたような。

 

その隣には、やはり卵の殻を残した赤いキノコ。

これはタマゴタケかと思いますが・・・。

 

 

 

 

赤いのがあれば、緑がかったキノコも。

これも雑木林の常連さん。

緑色は濃いのから薄いのまで様々。

 

 

 

 

まんまるキノコもありました。

あちらこちらにポコポコと出ています。

 

 

 

その近くには、まるでお花が三つ。

まんまるキノコが開いたものか、別のキノコか・・・?

やはり、よく分かりません。

 

 

 

 

これだけは、きっとあれだろう、と思うキノコを見つけました。

かさにボツボツのあるこれは、テングタケ。

 

 

 

毒キノコです、ご用心(>_<)

 

 

 

 

 

 

| 14:47 | のはら | - | - |
| 1/159PAGES | >>